福島県職業能力開発協会

お問合せ 024-525-8681(代)
ホーム > 職業能力評価試験 - 技能検定制度

技能検定制度

技能検定は、働く人々の有する技能を一定の基準により評価し、それを公証する国家検定制度で、職業能力開発促進法に基づき実施されるものです。

令和4年度後期技能検定受検案内等

技能検定に関する重要なお知らせ

本人確認書類の貼付について

・受検申請される方は、本人確認書類(運転免許証、保険証、学生証等)のコピーを貼付してください。
申請書に記入の氏名又は生年月日が表示されている部分をコピーしてください。
 住所変更等がある方は、その部分も貼付してください。

実技試験受検手数料の減免制度の改定について

※2級及び3級の全職種の実技試験の手数料が改定となりました。
2級及び3級の実技試験を受験する35歳未満の方は、下記の「実技試験を受検する方へ」をご覧ください。

新型コロナウイルス感染拡大防止対策について

「福島県新型コロナウィルス感染拡大防止対策」に基づき、下記のとおり対応いたしますので、 内容をご確認のうえ、申請手続き等をお願いいたします。

・窓口での受付は行いません。(郵送と振込のみとなります)

・試験日程の中止・延期・会場変更等
※県内の感染状況により変更等の可能性があります。
当協会より急きょ連絡を差し上げる場合がありますので、受検申請された方は
福島県職業能力開発協会の電話番号
024-525-8681を携帯電話等へご登録ください。

・試験会場での感染拡大防止対策協力のお願い
※感染拡大防止対策チェックリスト及び受検時のご協力に関する案内を受検票と一緒に同封いたします。
※健康状況(37.5度以上の発熱等)によっては、受検をお断りさせていただく場合もあります。
その際、受検手数料はお戻し出来ませんのであらかじめご了承ください。

実技試験を受検する方へ

受検手数料減免制度の改定により、実技試験を受検される方で下記の条件を満たす場合は、手数料が減免となります。
 ①福島県内に住んでいる者又は福島県内に就学もしくは就労している者
 ②35歳未満の者(令和4年4月1日時点の年齢適用)


上記の条件に該当し、手数料の減免を希望する場合、受検申請時に本人確認書類と併せて下記の提出が必要です。
 →申請書に「運転免許証」を貼付した場合、在職証明書のコピーを添付
 →申請書に「学生証」を貼付した場合、住民票のコピーを添付
 →申請書に「保険証」を貼付した場合、住民票在職証明書のコピーを添付

  • 在職証明書〔PDF:96KB〕
    ※受検者が学生の方で学生証を申請書に貼付できない場合は、代わりに在学証明書(任意様式)を添付してください。
    ※実技試験の減免希望者で、受検申請期間内に上記の減免関係書類の提出がない場合は、通常の実技試験手数料となりますので、ご了承ください。

合格発表

令和4年度前期正解